鬱病を治療する前に2つの医療機関についてチェック

婦人

やってはいけない事

メンズ

鬱病の患者にはやっていけないことがいくつかあります。今回は患者にやってはいけない行為を紹介していくので、チェックしていきましょう。患者にやってはいけない行為をチェックすることで、より効果的な治療をサポートすることができるようになります。基本的に鬱病の患者はとてもデリケートになっていることを覚えておきましょう。もし、周囲の方がこの病気を患ってしまった場合は、知識として役に立つはずです。まず、一般的にこの病気を発症してしまっている場合は、悲観的になっている方が多いと言われています。その為、健康な方の場合は問題ないような言動でも、この病気の患者にとっては大きな影響を与えてしまうのです。良かれと思ってかけた言葉や、行動を重圧に感じてしまうことがあります。この病気の大きな原因の一つがストレスと言われており、患者にストレスを感じさせることは禁物なのです。できるだけ刺激を与えないように注意しておきましょう。本当に何気ない言葉一つが、患者に対して大きなダメージを与えることもあるのです。鬱病治療は、急性期と回復期、そして再発予防期に分かれます。特に急性期の患者はとてもデリケートな状態になっているので、言葉をそのままの意味で捉えずに自分なりに解釈して捉えることが多いということをよく理解しておきましょう。そして、患者に対して一番言ってはいけない言葉が「頑張れ」です。病気の友人や家族を励ます際に良く利用される言葉ですが、患者にとっては大きな重圧をかけられているように感じ、余計に症状を悪化させる原因になることもあるので注意しておきましょう。上記でも説明しましたが、この病気を発症する大きな原因はストレスです。ストレスが自分の限界を超えるまで頑張ってしまった結果、病気を発症します。つまり、これまで限界以上に頑張ってきたにも関わらず「頑張れ」と励まされると「まだ頑張りが足りないのか」と感じることが多いのです。一生懸命頑張ってきたのに、自分の頑張りが認められていないように感じてしまうこともあります。また、病気を早く直さなくてはいけないという重圧がかかり、治療を焦ってしまうのです。この病気の治療にはとても時間が掛かります。その為、ゆっくりと患者のペースに合わせて治療を行わなければいけないのです。患者が治療を焦ってしまうと余計にストレスを溜め込んでしまい、病気を悪化させる原因になってしまいます。ただ、病気の治療を頑張っている方に対して「頑張れ」以外に言葉が見つからない時もあるでしょう。そのような場合は、敢えて何も言葉をかけないほうが良いのです。自分が患者に対してつい、「頑張れ」と声をかけていないかチェックしておきましょう。また、気晴らしなどに誘うのもあまり良くありません。この病気の患者は相手に自分の気持ちを上手く伝えることができない性格の方が多いからです。気晴らしに誘われると、気分が乗らない場合でも「断ったら相手に失礼」と思い無理をしてしまいます。心に余裕もないので、楽しいことを楽しいと素直に感じる事も難しいのです。これはストレスを生じさせる原因になるのでチェックしておきましょう。できるだけ、患者が希望した時だけ、気晴らしを行うようにすることが大切です。鬱病の患者はとてもデリケートなので、まずは症状が回復するまでそっとしておくようにしましょう。