鬱病を治療する前に2つの医療機関についてチェック

医師とはじめるうつ治療不安な気持ちを解消

病気について知る

看護師

鬱病には抑うつ症状が現れますが、基本的に一過性の抑うつ症状とは違う特徴があるので、チェックしておきましょう。まずは、この病気について詳しく知ることで適切な治療を受けることができるのです。

食事で予防

女性

最新の研究では、鬱病と食生活に深い関係があることが分かってきています。食生活をチェックすることで、病気の予防をすることができるのです。まずは、どのような栄養素が必要なのか調べることから始めてみましょう。

やってはいけない事

メンズ

鬱病の治療には長い時間がかかり、ゆっくりと患者のペースに合わせて治療を行う必要があります。また、患者に対してやってはいけないことがあるので、チェックしておきましょう。

医療機関の違いについて

カウンセリング

近年、鬱病の患者が増えてきていると言われています。この病気はインターネットなどを利用することで簡単な診断が行えるので、最近調子が悪いと思ってる方はチェックしておきましょう。また、簡単な診断でこの病気の疑いがあった場合は、専門の医療機関で診断を受けるのがおすすめです。基本的にインターネットなどでチェックできる診断は、専門の医療機関を利用するきっかけになるものだと認識しておくと良いでしょう。実際に専門の医師に診断してもらい、鬱病ではなかったという方も少なくないのです。この病気の診断は主に精神科で行います。精神科は精神疾患の診断や治療を行う医療機関です。精神科に似た医療機関に、心療内科があります。この2つの医療機関について学んでいきましょう。基本的に精神科は精神疾患の診断と治療を行う医療機関です。薬物依存症やアルコール依存症の診断や治療なども精神科で行います。苛々や不安、抑うつ状態などの症状を治療します。基本的に心の症状を診断して治療すると考えると理解が早いでしょう。一般的に心の動きというものは本人にしかわかりません。このような心の症状はカウンセリングなどを通してチェックしていくのです。専門的な知識が必要になってきます。近年、精神疾患を患い、精神科を受診する方はかなり増えてきています。ただ、入院する患者は減ってきているのです。これは、精神疾患の治療方法が確立されつつあるからでしょう。そして、心療内科は、心身症の診断や治療をメインに行う医療機関です。心身症とは心理社会的な因子を持った身体疾患のことを言います。器質的、または機能的障害が認められる場合に心身症と診断されるのです。器質的というのは器官が病変し、器官に直接的な異常がある場合を意味しています。例えば腸閉塞や癌などがその代表です。一般的にレントゲンや胃カメラなどで異常を発見することができるでしょう。機能的というのは、器官に異常が認められないにも関わらず、器官の働きが妨げられていることです。器官に炎症や腫れなどの異常がないので、レントゲンや胃カメラで発見することは難しいでしょう。このどちらの異常にも心理社会的な因子が関係する場合がありますが、心身症の場合は機能的障害が多く見られます。有名な機能的障害の一つが過敏性大腸炎です。便通が乱れてしまう病気で、ストレスなどによって腸の働きが弱ってしまうと発症します。ストレスを感じることが多くなっている方はチェックしておきましょう。また、過換気症候群も機能的障害の一つです。過呼吸などとも呼ばれており、過呼吸と言われると理解できる方も多いでしょう。更に神経性嘔吐症も機能的障害の一つで、胃や食道に異常はないものの、吐き気や食欲不振などを起こしてしまいます。心療内科ではこの様なストレス等が原因となっている心身症を診断し治療することができるのです。一般的に心の病気も身体の病気も放置していては治すことができません。鬱病の場合も専門の医療機関を利用することが必要になってくるでしょう。鬱病の場合は、心と身体の両方に症状が合わられる場合があり、精神科と心療内科のどちらを選べば良いのか迷ってしまうこともあります。そのような場合はメンタルクリニックを利用すると便利なのでチェックしておきましょう。メンタルクリニックは精神科と心療内科、神経科を取り扱っている医療帰化のことです。